1. 無料アクセス解析

The Seed of Truth 
魂の琴線に触れる 煌めく言葉 (by MITSUKO)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Date : --.--.-- -- --:--  スポンサー広告| コメント(-)|トラックバック(-)
(自分で自分に目隠しを)You put blinders upon it
INSPIRATIONAL WORDS


The ego cannot relate to a reality
that you will not allow it to perceive.

It can poorly help you to survive
when you do not allow it
to use its abilities
to discover those true conditions
in which it must manipulate.

You put blinders upon it,
and then say that is cannot see.


Seth Speaks:
The Eternal Validity of the Soul
(A Seth Book)

(p 95)
by Jane Roberts (New World Library)


**************************
          
(Japanese)

自我は あなたが 知覚を 許していない
現実(リアリティ)には
順応することができません

自我が 自分の管理していく場の
嘘偽りない 状況を 見抜くために、

自己の能力を すべて使うことを 
あなたが容認しない限り

自我は あなたの存続を 
いい加減に 援助することしか できません

あなたがたは 自分で 自我に
目隠しを しておきながら

自我の 洞察力のなさを
嘆いているのです


セスは語る―
魂が永遠であるということ

(p 195)
ジェーン・ロバーツ (著), 紫上 はとる (翻訳)




**************************



2月末から 体調が悪く、
ひどく ノドにくる 
風邪もひいて 
今も セキが止まらないのです。。。


自分的には やることリストは 
少しずつでも 確実に 
こなしているのですが

どうにも 体がだるく 重く 熱っぽく
先週は 横になっている時間の方が
多かったです。


ここ数年 風邪が悪化すると
気管支炎のようになり
一度 咳をしだすと
もう止まらなくなってしまい
涙が出るまで 息も絶え絶えになって
咳きこんでしまうのです。


なんか、まだお腹の中に
たまっているものがあるのかな?

という 想いと

自分が大きく変化、変容する時期にあって
今までの 表現形態では おさまりきれなくなってきて
チューニング、調節が 必要な時期、

自分が自分に対して
「自分はこういう人間」だと
頑なに どこかで 決め込んでいた枠から
抜け出す時期、

自我の最後のアガキ?

未知なるものにも
安心して ジャンプする時期、
そのための これは調整期間なのかもな
と思っています。


自分的には、前方には すでに 
見えてるような状態なので

あとは そこに向かって
一歩一歩 歩いて行けばよいような、

そして 昨日あたりから 
咳はしながらでも とにかく歩きだした

あの「感覚」が もどってきた ような
感じがしています


MITSUKO
 


blog ranking 1
★★応援クリック、どうぞ よろしくお願いします……☆
書き続けていく大きな励みになります♪
Blog Ranking ブログランキング








スポンサーサイト
Date : 2009.03.07 Sat 10:29  Seth (セス)| コメント(0)|トラックバック(-)
(あらゆる次元の現実・リアリティ)The various dimensions of reality
INSPIRATIONAL WORDS

Consciousness is a way of perceiving
the various dimensions of reality.

Consciousness as you know
it is highly specialized.

The physical senses allow you to perceive
the three-dimensional world,
and yet by their very nature
they can inhibit the perception
of other equally valid dimensions.

Most of you identify
with your daily physically oriented self.


Seth Speaks:
The Eternal Validity of the Soul
(A Seth Book)

(p 8)
by Jane Roberts (New World Library)


**************************
          
(Japanese)

意識というのは
あらゆる次元の現実(リアリティ)を
知覚する ひとつの手段です

あなたがたの 知るところの意識は
その範囲が かなり限定され
特殊化しています

体の感覚器官の仕業(しわざ)で
あなたがたの 知覚力の範囲は
三次元世界に 限られているのです

しかし まさに 
そうした感官の性質ゆえに
三次元以外の等しく 
存在根拠の確かな 次元に対する 
知覚力を 抑制することが
可能になっているのです

ですから 大半の人が
日常的な物質界での 自己を
自分自身だと 見なしています


セスは語る―
魂が永遠であるということ

(p 47)
ジェーン・ロバーツ (著), 紫上 はとる (翻訳), ロバート・F・バッツ (記録)




**************************




私は 昔から本が大好きで
これだ、と 
深い部分で 何か 繋がると、
どんどん買ってしまい、
同時進行で、何冊も読みあさるのですが、
最近は、古代北欧神話、エッダを読んでいます。

英語本と日本語本を取り寄せたものの
難解な部分も多いので
子ども向けの神話集から
読み始めました。

最近、自分の意識に 昇る
強く 引っ掛かかっている
キーワードは

この北欧神話に出てくる 
主神のオーディン

朝 瞑想していて 
強く出てくるので
その肖像画のような画像を
机の前に貼り付けて 眺めています。

それを 見るともなしに 
ある一点にグッと入って 観て、
耳の付け根の奥、下のあたりに集中して
聴覚を 研ぎ澄ますみたいにしていると

このオーディンが
平面から、3次元的に立体化して
動き出すような感覚を覚えるのです。

あと、巨大な石か何かで作った
玉座みたいなものが
観えるような……


さらに 最近もうひとつ気になるものがあって
それとは ぜんぜん別ルートだったのですが

ハートから出る、スパイラル、
らせん状のエネルギーのようなもの。

スパイラル、スパイラル……
螺旋、渦巻き、

そこから検索していくと、
きれいな自然のスパイラルの
写真集みたいなのを見つけたので
PCのスクリーンセーバーのスライドショーで
毎日 眺めています。

さらに そこから 
ゼンゼン知らなかった 「トリスパイラル」という模様、
アイルランドの世界遺産ニューグレンジに繋がりました。

生と死と再生のシンボルのトリスパイラル(三重螺旋)、
アイルランドでは 様々な場所でこのシンボルに出会えるとか。

ニューグレンジという紀元前2500年?3000年の遺跡では
このシンボルが有名とのこと、また、日本の神社などでも
同じようなシンボルを見ることができるということで

私たちの普遍的な意識状態を象徴しているようにも
感じられる――

そうした 説明などを読んでいるうちに
何かが また繋がったような気がして


そこで見つけた
トリスパイラルのリングとペンダントが
どうしても欲しくなり 購入してしまいました(*^_^*)。

昨日 手元に 届き 
なんともいえない 自分自身の深い部分での
しっくり感が また嬉しく思いました。

まだまだ さらに
いろんなところに 繋がっていきそうです……☆


MITSUKO
 


blog ranking 1
★★応援クリック、どうぞ よろしくお願いします……☆
書き続けていく大きな励みになります♪
Blog Ranking ブログランキング





Date : 2009.02.14 Sat 20:00  Seth (セス)| コメント(0)|トラックバック(-)
(意識は形あるものを創造する)Consciousness creates from.
INSPIRATIONAL WORDS


Consciousness creates from.
It is not the other way around.
All personalities are not physical.

It is only because
you are so busily concerned
with daily matters

that you do not realize
that there is a portion of you

who knows that its own powers are
far superior to those shown
by the ordinary self.


Seth Speaks:
The Eternal Validity of the Soul
(A Seth Book)

(p 4)
by Jane Roberts (New World Library)


**************************
          
(Japanese)

意識は 形あるものを
創造します

しかし その逆は
成り立ちません

人格存在のすべては
物質に 依然してはいません

あなたがたは
日常の雑事に 振りまわされているため
みずからの 本来の能力が
実は 普段 意識しているものより
はるかに 卓越したものであることに
気づかないのです

そればかりか そのことを知る
内なる部分が 自分自身のなかに
存在していることさえ
知らずにいます


セスは語る―
魂が永遠であるということ

(p 39)
ジェーン・ロバーツ (著), 紫上 はとる (翻訳), ロバート・F・バッツ (記録)




**************************



2,3週間前に見つけ、待ちに待っていた
"Writing the Wave(ライティング・ザ・ウェイブ)"
という クリエイティブ・ライティングについて
書かれた古本が 先日 ニューヨークから届きました。


そのエクササイズの中に
まず 感覚を研ぎ澄ませて
今 この瞬間 耳に入る音
すべてを 書き出してみる
というのがありました。

朝起きて 瞑想をし、
そのあと、このエクササイズを
実際に行ってみる中で
おもしろい 発見 気づきがありました。


英語の単語で
思いつく片っぱしから
やってみました。

水槽のモーター
冷蔵庫の音
コンピュータの音

あと なんか 聞こえないかな……

と ふだんは
意識しない微細な音に
耳を澄ませているうちに



遠くの空気の音

通学途中の子供の声

草花、植物が呼吸している音

桜の木

太古の昔から そこに
どっしりと 腰を据え
暖かく 見守ってくれている 山々

すべてを包み 浄化し、
煌めきながら 流れていく 川の流れ
小川のせせらぎ
大地の声

朝の空気に 満ち満ちた 
明るく 非常に軽い 透明な
力強い 生命の息吹みたいなもの、

そして 地球の鼓動――


そんな 五感を超えた
声や音、息吹きまで 

聴こえたように
観えたように
感じられました……☆


MITSUKO
 


blog ranking 1
★★応援クリック、どうぞ よろしくお願いします……☆
書き続けていく大きな励みになります♪
Blog Ranking ブログランキング





Date : 2009.02.10 Tue 15:04  Seth (セス)| コメント(0)|トラックバック(-)
(内なる知覚者)The inner perceiver of reality
INSPIRATIONAL WORDS


I call this seemingly unconscious
the "inner ego,"
for it directs inner activities.

It correlates information
that is perceived
not through the physical senses,
but through other inner channels.

It is the inner perceiver of reality
that exists beyond the three-dimensional.


Seth Speaks:
The Eternal Validity of the Soul
(A Seth Book)

(p 9)
by Jane Roberts (New World Library)


**************************
          
(Japanese)

内なる自己は
体の感覚器官を 通してではなく

それらとは 別の
内なる 伝達回路(チャネル)を通して

知覚された情報どうしを
互いに関係づける はたらきをします

それは 三次元を超えた
現実(リアリティ)を感知できる
内なる 知覚者と 言うこともできます


セスは語る―
魂が永遠であるということ

(p48)
ジェーン・ロバーツ (著), 紫上 はとる (翻訳), ロバート・F・バッツ (記録)




**************************


1月の最後の週に、新月を迎えるやいなや、
なにか どどっと 物事が動き出しました。

2月1日 水星の逆行が終わり、
2月2日 ウチの結婚記念日
2月3日 節分
2月4日 立春

を ピョンピョンぴょんと 迎えると
さらに 拍車をかけたように
どどどどっーーーーー っと
なにか 来た感じがしています。

たとえば 
急ぎの 翻訳の仕事が入って
対応に追われたり
でも 同時に 保育園継続の手続きで
早めに確定申告を済まさねばならず、
その準備で 連日夜中2時すぎまで 
PCに向かったり、

仕事でも なぜか 
ご無沙汰していた方から 電話があいつぎ
アドバイスを求められることなどが増えたりと
身辺 とにかく 忙しくなりました。

意識のシフト感覚も、
日々 刻々と 変化している感じで
1週間前に 自分がブログ上などで書いたことなどが
すごい 大昔みたいに 感じられます。。。

たぶん 外から見たら 何も変わらないように
見えるでしょうが、水面下では たくさんのことが
進んでいるような。

時間が ビヨーンと 自由自在に 
伸び縮みしているような感覚なのです。

それと

ガ?っと 
自分の深い部分に入って 
なにかしたときに

ほんの2,3時間前のことなのに
半分ぐらいしか 覚えていないような……

チクイチ書き留めるようにしているので
自分のスケジュール帳のメモを読み返して
ああそうだったと 遠い昔を振り返るような

時間が直線的に進んでない
(もともとは そうなのかもしれませんが)

そんな感覚が 今日はありました。。。

それは、出産後にホルモンバランスの関係などで
ちょっとしたことを すぐ忘れてしまて思い出せないとか
痴呆?ボケのようなものとは 明らかに
自分的には 違うと思うのですが
フシギな感覚でした。


最近 朝 瞑想していて 浮かぶのは
花火が 上がるときのように 
どーん と 空を突き抜けて
オレンジ色に 輝く
雲海の上に 出たような光景で

実は これは
以前にも体験したことのある光景で、
死んだら こーゆーところに戻るのかな
なんて 思ったことがありました。

と 同時に、アフリカか どこかの
三角帽みたいなのをかぶった王様、
男性の顔が浮かぶのです。


それから、聴覚の変化なのか なんなのか

とくに眠る直前に 右耳だけ ピーという音、
電波音のようなものが聞こえるのです。


それと 関係しているかどうかはわかりませんが
1月後半は、90年代に自分が好きだった歌ばっかり 
急に また聞き入るようになっていたのですが……

ここ10日ぐらい 
以前好きだった、エンヤを再び聴くようになり
そこから 今までは ぜんぜん縁がなかった
サラ・ブライトマンに繋がり、
彼女の声、音楽が 妙に体に スーッと 染み込んでいく感じで、
i Tunes で ダウンロードしまくってしまいました。

聴く曲の好み、
自分のアンテナがキャッチするものが
ここにきて ガラッと変わったような、

以前は 目が拒否して読めなかった
ある種の本が 急に スーっと
大地に水がしみこむように
読めるようになってしまったりとか、

なにか 周波数みたいなものが変わったのかなと
自分でも おもしろく 感じています。

 
あと、今までは 
あんまりそういうことはなかったんですが、

先日 ひょいっと 以前 応募した
日帰りではありますが
ある旅行ツアーのチケットが
当たりました。

おもしろいもので
買い物のあとに もらった その応募券に
(いつもは めんどくさいので
 こういう券は 捨ててしまうことが多いのです)
名前などを書き込むとき、

これは「当たる」 と 自分でも
なぜか 知っていたのでした……☆


MITSUKO
 


blog ranking 1
★★応援クリック、どうぞ よろしくお願いします……☆
書き続けていく大きな励みになります♪
Blog Ranking ブログランキング





Date : 2009.02.06 Fri 10:50  Seth (セス)| コメント(2)|トラックバック(-)
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。