1. 無料アクセス解析

The Seed of Truth 
魂の琴線に触れる 煌めく言葉 (by MITSUKO)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Date : --.--.-- -- --:--  スポンサー広告| コメント(-)|トラックバック(-)
(自覚と意識)Awareness and Consciousness
INSPIRATIONAL WORDS


There are very many people who,
consciously or unconsciously,
set the creative forces in action
by the strength
and persistence of their desires,

but who remain poor
because they do not provide
for the receptions of the thing
they want when it comes.

By thought,
the thing you want is brought to you;
by action you receive it.

Whatever your action is to be,
it is evident that you must act NOW.


The Wisdom of Wallace D. Wattles:
Including the Science of Getting Rich,
the Science of Being Great & the Science of Being Well

(p 36)
by Wallace D. Wattles


**************************
          
(Japanese)

意識的であれ、無意識的であれ、
あきらめずに 強く願望を持ちつづけ
創造力を 働かせているのに
豊かになれない という人が たくさんいます。

それは 望みのものが もたらされても
それを受けとる準備が できていないからなのです。

思考によって
望んだものは もたらされます。

けれども、自分から 働きかけなければ
それを受けとることは できません。

あなたが どのような 働きかけをするにしても
行動を起こすのは 「今」なのです。


富を手にする「ただひとつ」の法則
(p 109)
富を手にする「ただひとつ」の法則
ウォレス・D・ワトルズ (著), 宇治田 郁江 (翻訳)




**************************




今朝 起きて 
まず想ったことは――

自分が将来 どうなりたい、
何を するにしても、

あるいは 引き寄せる、創造する、
生み出していくにしても、


自分は いったい 何者なのかという
「自覚」と「意識」 が ないと

あるいは 

そうなってもいいんですよ、という
自分が 自分自身に対して
まず「許可」をくださないことには

何にも 始まらないんだなと。


「自覚」と「意識」
それを 先に創りあげてしまう。

最初は たとえ
少々 居心地が 悪くても

そこに スルッと 自分で自分を
先に 入り込ませてしまうような 感覚。


それが ないと

人生途上で 自分が望んだ贈り物は
それなりに いろいろ 
やってくるかもしれないけれど

きっと 来ても 
スルッと 手のひらをすり抜けるように
なくなってしまうんじゃないかと

あるいは 気づかないで
通り過ぎて しまうんじゃないかと

そんなふうに 今朝は 想った。


MITSUKO
 


blog ranking 1
★★応援クリック、どうぞ よろしくお願いします……☆
書き続けていく大きな励みになります♪
Blog Ranking ブログランキング







スポンサーサイト
Date : 2009.02.27 Fri 18:37  Wallace D. Wattles (ウォレス D. ワトルズ)| コメント(0)|トラックバック(-)
(自らの内に発する言葉)It must be from his true self
INSPIRATIONAL WORDS


Everybody is original,

if he tells the truth,
if he speaks from himself.

But it must be from his true self
and not from the self
he thinks he should be.


If You Want to Write:
A Book about Art, Independence and Spirit

(p 4)
by Brenda Ueland


**************************
          
(Japanese)


わたしたちは みな 誰もが 
比類なき 独自の存在だ

もし 真実を告げるなら
自らの内に発する言葉を 語るなら――


しかし その言葉は

こう 「あるべき」 と考える
自身から発せられた ものではなく

「真実の」 自己から 
語られたものでなくては ならない


MITSUKO




**************************



昨日の新月の晩に
何やら ドドッと
また 身辺 何かが 
動きだした感覚があり

今日、朝起きて 
イの一番に感じたことは

 自分を信じること
 自分の意志を 固くもつこと
 ありのままの 素の自分を愛すること。

たとえ どんなことが起きても
究極的には 自分は 大丈夫なんだと
自分自身を 強く静かに 信じること――。


対人関係、仕事面なども ぜんぶ含めて
ありとあらゆる 外との関係性は、

自分の内面との関係性、
自分への向き合い方を 映し出した鏡に過ぎない
ということだった。


力強く 自己を表現する 創造のエネルギー、
最高のパワーは 自然体の 自分自身から生まれる

そんな言葉が 心に 残った。


MITSUKO
 


blog ranking 1
★★応援クリック、どうぞ よろしくお願いします……☆
書き続けていく大きな励みになります♪
Blog Ranking ブログランキング






Date : 2009.02.26 Thu 20:20  Creative Writing (クリエイティブ・ライティング)| コメント(0)|トラックバック(-)
(内なる耳を研ぎ澄ませて)Let me hear, now I open my inner ear to the world of spirit.
INSPIRATIONAL WORDS

As you evolve, your sensitivity
to the higher realms increases.
Ideas seem to come to you
from somewhere beyond yourself.

You find yourself knowing things
that you didn't know before.

You may feel that
you are connecting to an energy
that is higher than or different from
your normal awareness.

What is happening is
that you are beginning to
consciously experience
the higher dimensions.


Opening to Channel:
How to Connect With Your Guide
(Birth Into Light)

(p 23)
by Sanaya Roman and Duane Packer
H J Kramer Inc (1987/04)

**************************
          
(Japanese)
 

あなたが 進化するにつれて
高次元の 領域に対する感受性が
増幅していきます

どこか 自分を超えたところから
アイデアが やってくると 
感じられるように なります

以前は 知らなかったことを
自分が 知っていることに 気づきます

通常の感覚で わかっている範囲よりも高い
異質なエネルギーと つながっているように
感じられるかもしれません

こんな時は より高い次元を
意識的に 体験し始めているのです


オープニング・トゥ・チャネル
あなたの内なるガイドとつながる方法

(p 40)
サネヤ ロウマン (著), デュエン パッカー (著)
中村 知子 (翻訳)



**************************

PROSE POEMS


In the first rays of sunlight,
I closed my eyes
and listened deeply.

I strained to catch any sound
and asked myself,

“What can I hear?”

I wrote everything down.

The noise of the motorized home aquarium
for tropical fish,
a refrigerator and computer;
mechanics.

What else?

This little exercise brought me
a huge amount of inner expanding adventure.

As I tuned to subtle sounds,
I felt like I was hearing

the sound of distant air,
children’s voices
on their way to school,

the breathing sounds of plants,
and the voice of the cherry trees in the park.

The mountain’s deep voice;
which has stood there firmly
and watched over us
since the dawn of time.

The murmur of a stream
and the flow of a river
which embrace and purify everything.

Vital life force energy
that animates all living things
flowing in the morning sun light.

I could hear
the heartbeat of Mother Earth
and breathtaking subtle tunes
beyond my five senses.

Let me hear
because now I am ready
and I have an ear for
internal music.

I open my inner ear
to the world of spirit,
by which I can find all the answers
to the divine origin
and nature of my own being.

MITSUKO
 

★日本語・訳



blog ranking 1
★★応援クリック、どうぞ よろしくお願いします……☆
書き続けていく大きな励みになります♪
Blog Ranking ブログランキング





Date : 2009.02.25 Wed 18:23  Prose Poems (散文詩)| コメント(0)|トラックバック(-)
(熱い想いと魂は)My eager soul is never confined to time.
ESSAY


Everyone has 24 hours each day
and we may easily feel pressed for time.

However, I believe what we need to do is
to find how to organize our time
in the most creative way.

Here is how I spend an ordinary weekday.

The first thing I do in the morning is to meditate.
I get some inspirational thoughts for self-guidance,
write and share my awareness in my blog.

That is my morning ritual to integrate myself
and get ready for the entire day.


When the clock turns to 8am
my hectic schedule starts.

I send my husband off to work
and wake up my little children
who still need a lot of my assistance.

At 9am I drive them to nursery school
and jump back home.
I finish the housework quickly
and set myself to work.

I stay in high gear for the rest of the day.

At 4pm my evening schedule starts.

After I rush to pick up my children,
I am swamped by taking care of them,
cooking dinner, feeding them,
giving them a bath,
and finally tucking them into bed.


Around midnight,
my husband comes home
and I serve him dinner.

Then my busy day comes to an end.

Being myself, a mother and a wife
all at the same time means
that I have no day-off.

However, I never struggle with time.

For me,
time exists for the purpose of
making the best of my life
and it harnesses my potential to the fullest.


My eager soul is never confined to time.


MITSUKO

**************************
          
(Japanese)

もしかすると、近い未来には
変わるんじゃないかと思っているけれど

今のところ、
1日は24時間
ということになっていて、

ともすると、常にアクセク、
時間に追いまわされているような、
感覚に陥ることは多い。

やることを1つでも減らせばいい、
と 夫は よく言うが、
 
仕事も、家庭・育児も、自分育ても
とにかく 「今・この瞬間」
自分を成長させるものは
ぜんぶ 並行してやりたい
わたしにとって、

いかに 限られた時間をオーガナイズするか、
自分がもつ クリエイティビティ、
創造性を最大限に発揮するか、

苦労して こなすんじゃなくて
味わい 楽しむ方法を見つけることは
非常に重要だ。


先日、英文ライティング・エッセイのお題で
自分の平日の過ごし方を、書いてみる機会があった。

でも、それを書きながら、
結局は 何をいわんとしているのかな……と

伝えるべき 本質的なメッセージって 
何なんだろう、と

自分で自分のアタマの中身、
思考をめぐらせてみた。


それで、いきあたった想いとは――


1日24時間、
時間というものは、

ある意味、自分が 自分自身に対して
限定した枠のようなもので


それは 自分を縛るためにあるんじゃなくて

その限られた中で
いかに 自分のエッセンス、本質を
凝縮して濃密に ほとばしらせて生きるか、
フル活用するか、思考を具現化するか、

本当は そうした ゲームを楽しむために
自分で 自分に課した タイムリミットみたいな、
自分を 前に 押し出す 計り、
ツールの一つじゃないかなと

いうことだった。


私自身で あること、
母親で あること、
妻で あることには
あたりまえだが 24時間、休みがない。

母、妻、自分の 三位一体のフル活動で、
休みなく、猛烈に忙しく 今日も 駆けずり回る。

でも、私は
時間と 格闘することはない。

1歳の息子と 5歳の娘
イタズラと自己主張 真っ盛りの
彼らの 子育ては大変で
ときに イライラ、
ガミガミ 怒ることもあるけれど、

私にとって 彼らは
上下関係、親と子、というより、
「仲間」みたいな感覚の方が強い。

友達みたいな親子というのとも違う。

「仲間」なのだ。


私にとって
時間とは、自らが決めた
限定した枠の中で、
自分自身を最大限に活かし、
生きるために ただ存在する。


熱い想いと 魂は、
これからも、これまでも、

時間という 限定された枠のなかには
決して とどまる、抑え込まれることは ない。


MITSUKO 





blog ranking 1
★★応援クリック、どうぞ よろしくお願いします……☆
書き続けていく大きな励みになります♪
Blog Ranking ブログランキング





Date : 2009.02.16 Mon 18:36  Essay (エッセイ)| コメント(0)|トラックバック(-)
(あらゆる次元の現実・リアリティ)The various dimensions of reality
INSPIRATIONAL WORDS

Consciousness is a way of perceiving
the various dimensions of reality.

Consciousness as you know
it is highly specialized.

The physical senses allow you to perceive
the three-dimensional world,
and yet by their very nature
they can inhibit the perception
of other equally valid dimensions.

Most of you identify
with your daily physically oriented self.


Seth Speaks:
The Eternal Validity of the Soul
(A Seth Book)

(p 8)
by Jane Roberts (New World Library)


**************************
          
(Japanese)

意識というのは
あらゆる次元の現実(リアリティ)を
知覚する ひとつの手段です

あなたがたの 知るところの意識は
その範囲が かなり限定され
特殊化しています

体の感覚器官の仕業(しわざ)で
あなたがたの 知覚力の範囲は
三次元世界に 限られているのです

しかし まさに 
そうした感官の性質ゆえに
三次元以外の等しく 
存在根拠の確かな 次元に対する 
知覚力を 抑制することが
可能になっているのです

ですから 大半の人が
日常的な物質界での 自己を
自分自身だと 見なしています


セスは語る―
魂が永遠であるということ

(p 47)
ジェーン・ロバーツ (著), 紫上 はとる (翻訳), ロバート・F・バッツ (記録)




**************************




私は 昔から本が大好きで
これだ、と 
深い部分で 何か 繋がると、
どんどん買ってしまい、
同時進行で、何冊も読みあさるのですが、
最近は、古代北欧神話、エッダを読んでいます。

英語本と日本語本を取り寄せたものの
難解な部分も多いので
子ども向けの神話集から
読み始めました。

最近、自分の意識に 昇る
強く 引っ掛かかっている
キーワードは

この北欧神話に出てくる 
主神のオーディン

朝 瞑想していて 
強く出てくるので
その肖像画のような画像を
机の前に貼り付けて 眺めています。

それを 見るともなしに 
ある一点にグッと入って 観て、
耳の付け根の奥、下のあたりに集中して
聴覚を 研ぎ澄ますみたいにしていると

このオーディンが
平面から、3次元的に立体化して
動き出すような感覚を覚えるのです。

あと、巨大な石か何かで作った
玉座みたいなものが
観えるような……


さらに 最近もうひとつ気になるものがあって
それとは ぜんぜん別ルートだったのですが

ハートから出る、スパイラル、
らせん状のエネルギーのようなもの。

スパイラル、スパイラル……
螺旋、渦巻き、

そこから検索していくと、
きれいな自然のスパイラルの
写真集みたいなのを見つけたので
PCのスクリーンセーバーのスライドショーで
毎日 眺めています。

さらに そこから 
ゼンゼン知らなかった 「トリスパイラル」という模様、
アイルランドの世界遺産ニューグレンジに繋がりました。

生と死と再生のシンボルのトリスパイラル(三重螺旋)、
アイルランドでは 様々な場所でこのシンボルに出会えるとか。

ニューグレンジという紀元前2500年?3000年の遺跡では
このシンボルが有名とのこと、また、日本の神社などでも
同じようなシンボルを見ることができるということで

私たちの普遍的な意識状態を象徴しているようにも
感じられる――

そうした 説明などを読んでいるうちに
何かが また繋がったような気がして


そこで見つけた
トリスパイラルのリングとペンダントが
どうしても欲しくなり 購入してしまいました(*^_^*)。

昨日 手元に 届き 
なんともいえない 自分自身の深い部分での
しっくり感が また嬉しく思いました。

まだまだ さらに
いろんなところに 繋がっていきそうです……☆


MITSUKO
 


blog ranking 1
★★応援クリック、どうぞ よろしくお願いします……☆
書き続けていく大きな励みになります♪
Blog Ranking ブログランキング





Date : 2009.02.14 Sat 20:00  Seth (セス)| コメント(0)|トラックバック(-)
(意識は形あるものを創造する)Consciousness creates from.
INSPIRATIONAL WORDS


Consciousness creates from.
It is not the other way around.
All personalities are not physical.

It is only because
you are so busily concerned
with daily matters

that you do not realize
that there is a portion of you

who knows that its own powers are
far superior to those shown
by the ordinary self.


Seth Speaks:
The Eternal Validity of the Soul
(A Seth Book)

(p 4)
by Jane Roberts (New World Library)


**************************
          
(Japanese)

意識は 形あるものを
創造します

しかし その逆は
成り立ちません

人格存在のすべては
物質に 依然してはいません

あなたがたは
日常の雑事に 振りまわされているため
みずからの 本来の能力が
実は 普段 意識しているものより
はるかに 卓越したものであることに
気づかないのです

そればかりか そのことを知る
内なる部分が 自分自身のなかに
存在していることさえ
知らずにいます


セスは語る―
魂が永遠であるということ

(p 39)
ジェーン・ロバーツ (著), 紫上 はとる (翻訳), ロバート・F・バッツ (記録)




**************************



2,3週間前に見つけ、待ちに待っていた
"Writing the Wave(ライティング・ザ・ウェイブ)"
という クリエイティブ・ライティングについて
書かれた古本が 先日 ニューヨークから届きました。


そのエクササイズの中に
まず 感覚を研ぎ澄ませて
今 この瞬間 耳に入る音
すべてを 書き出してみる
というのがありました。

朝起きて 瞑想をし、
そのあと、このエクササイズを
実際に行ってみる中で
おもしろい 発見 気づきがありました。


英語の単語で
思いつく片っぱしから
やってみました。

水槽のモーター
冷蔵庫の音
コンピュータの音

あと なんか 聞こえないかな……

と ふだんは
意識しない微細な音に
耳を澄ませているうちに



遠くの空気の音

通学途中の子供の声

草花、植物が呼吸している音

桜の木

太古の昔から そこに
どっしりと 腰を据え
暖かく 見守ってくれている 山々

すべてを包み 浄化し、
煌めきながら 流れていく 川の流れ
小川のせせらぎ
大地の声

朝の空気に 満ち満ちた 
明るく 非常に軽い 透明な
力強い 生命の息吹みたいなもの、

そして 地球の鼓動――


そんな 五感を超えた
声や音、息吹きまで 

聴こえたように
観えたように
感じられました……☆


MITSUKO
 


blog ranking 1
★★応援クリック、どうぞ よろしくお願いします……☆
書き続けていく大きな励みになります♪
Blog Ranking ブログランキング





Date : 2009.02.10 Tue 15:04  Seth (セス)| コメント(0)|トラックバック(-)
(内なる知覚者)The inner perceiver of reality
INSPIRATIONAL WORDS


I call this seemingly unconscious
the "inner ego,"
for it directs inner activities.

It correlates information
that is perceived
not through the physical senses,
but through other inner channels.

It is the inner perceiver of reality
that exists beyond the three-dimensional.


Seth Speaks:
The Eternal Validity of the Soul
(A Seth Book)

(p 9)
by Jane Roberts (New World Library)


**************************
          
(Japanese)

内なる自己は
体の感覚器官を 通してではなく

それらとは 別の
内なる 伝達回路(チャネル)を通して

知覚された情報どうしを
互いに関係づける はたらきをします

それは 三次元を超えた
現実(リアリティ)を感知できる
内なる 知覚者と 言うこともできます


セスは語る―
魂が永遠であるということ

(p48)
ジェーン・ロバーツ (著), 紫上 はとる (翻訳), ロバート・F・バッツ (記録)




**************************


1月の最後の週に、新月を迎えるやいなや、
なにか どどっと 物事が動き出しました。

2月1日 水星の逆行が終わり、
2月2日 ウチの結婚記念日
2月3日 節分
2月4日 立春

を ピョンピョンぴょんと 迎えると
さらに 拍車をかけたように
どどどどっーーーーー っと
なにか 来た感じがしています。

たとえば 
急ぎの 翻訳の仕事が入って
対応に追われたり
でも 同時に 保育園継続の手続きで
早めに確定申告を済まさねばならず、
その準備で 連日夜中2時すぎまで 
PCに向かったり、

仕事でも なぜか 
ご無沙汰していた方から 電話があいつぎ
アドバイスを求められることなどが増えたりと
身辺 とにかく 忙しくなりました。

意識のシフト感覚も、
日々 刻々と 変化している感じで
1週間前に 自分がブログ上などで書いたことなどが
すごい 大昔みたいに 感じられます。。。

たぶん 外から見たら 何も変わらないように
見えるでしょうが、水面下では たくさんのことが
進んでいるような。

時間が ビヨーンと 自由自在に 
伸び縮みしているような感覚なのです。

それと

ガ?っと 
自分の深い部分に入って 
なにかしたときに

ほんの2,3時間前のことなのに
半分ぐらいしか 覚えていないような……

チクイチ書き留めるようにしているので
自分のスケジュール帳のメモを読み返して
ああそうだったと 遠い昔を振り返るような

時間が直線的に進んでない
(もともとは そうなのかもしれませんが)

そんな感覚が 今日はありました。。。

それは、出産後にホルモンバランスの関係などで
ちょっとしたことを すぐ忘れてしまて思い出せないとか
痴呆?ボケのようなものとは 明らかに
自分的には 違うと思うのですが
フシギな感覚でした。


最近 朝 瞑想していて 浮かぶのは
花火が 上がるときのように 
どーん と 空を突き抜けて
オレンジ色に 輝く
雲海の上に 出たような光景で

実は これは
以前にも体験したことのある光景で、
死んだら こーゆーところに戻るのかな
なんて 思ったことがありました。

と 同時に、アフリカか どこかの
三角帽みたいなのをかぶった王様、
男性の顔が浮かぶのです。


それから、聴覚の変化なのか なんなのか

とくに眠る直前に 右耳だけ ピーという音、
電波音のようなものが聞こえるのです。


それと 関係しているかどうかはわかりませんが
1月後半は、90年代に自分が好きだった歌ばっかり 
急に また聞き入るようになっていたのですが……

ここ10日ぐらい 
以前好きだった、エンヤを再び聴くようになり
そこから 今までは ぜんぜん縁がなかった
サラ・ブライトマンに繋がり、
彼女の声、音楽が 妙に体に スーッと 染み込んでいく感じで、
i Tunes で ダウンロードしまくってしまいました。

聴く曲の好み、
自分のアンテナがキャッチするものが
ここにきて ガラッと変わったような、

以前は 目が拒否して読めなかった
ある種の本が 急に スーっと
大地に水がしみこむように
読めるようになってしまったりとか、

なにか 周波数みたいなものが変わったのかなと
自分でも おもしろく 感じています。

 
あと、今までは 
あんまりそういうことはなかったんですが、

先日 ひょいっと 以前 応募した
日帰りではありますが
ある旅行ツアーのチケットが
当たりました。

おもしろいもので
買い物のあとに もらった その応募券に
(いつもは めんどくさいので
 こういう券は 捨ててしまうことが多いのです)
名前などを書き込むとき、

これは「当たる」 と 自分でも
なぜか 知っていたのでした……☆


MITSUKO
 


blog ranking 1
★★応援クリック、どうぞ よろしくお願いします……☆
書き続けていく大きな励みになります♪
Blog Ranking ブログランキング





Date : 2009.02.06 Fri 10:50  Seth (セス)| コメント(2)|トラックバック(-)
(魂の本質)Crystallized spirit

INSPIRATIONAL WORDS

As you interact with the world
using your physical body (a crystallized spirit),
you naturally utilize the talents and abilities
that you have as a spirit.

You naturally evolve and grow.
Your spirit also has the ability
to express creativity
as an extension of the Creator.

As crystallized spirit
you have hands with which
to create in this physical world.

As a spirit you have the ability for laughter, for love.
As crystallized spirit you have a heart
with which to express that laughter and love.

You have a smile.
You have sparkling eyes.
These are all aspects of a crystallized spirit.
They are gifts you have been given to express
the natural spirit entity that you are.

Millennium: Tools for the Coming Changes
(p28)
By Lyssa Royal (Royal Priest Research Press)


**************************
          

(Japanese)

あなたは 魂に備わる力を使い
物質的な世界で 一歩一歩
歩みを進めながら 成長しています

魂は 創造主の 一条の光ですから
いつも 創造性に 満ちあふれています

肉体として  あなたは
自分の身体を使って
魂の創造性を 現実のレベルで
表現しています

こうして あなたは 魂の愛を
ハートを通して 表現します

また 目を輝かせて
微笑みます

あなたは 肉体の動きや 行動を通して
魂の本質を 表現しているのです


アセンションの道しるべ
新しい世界への旅は自己変容から始まる

(p52)
リサ・ロイヤル著、星名一美 翻訳 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


昨年10月ごろに 
このブログを始めたころのこと

朝 瞑想をしているときなど
いくつかのキーワードが 
よく強く湧き上がってきていました。

そのメモを いま読み返すと

「ネイティブ」 本質に立ち還ること
「地球の時空環境」 母なる大地、地球
「精神の崩壊」 日本人の役割、
 なにか宇宙的な起源、目覚め

なんてことが書いてあります。。。

自分でも ワケがわからなかったのですが、


それを ある方に お話しすると
こんな本があるわよ と教えていただき、
今まで ゼンゼン読んでみたこともなかった
「プリズム・オブ・リラ」という本を手に取りました。

強く感銘を受けて、
その後 ほかの著書も 英語と日本語で7冊、
翻訳本と原書を取り寄せて
少しずつ 読み進めるうちに、

昨年12月ごろから 
どうしても 会いたいな……と
強く思った 方がいました。

そのリサ・ロイヤルの個人セッションを
先週 受けてきました。


もしかしたら
私には理解できないような
とっつきにくい感じがあるかも と
勝手に想像していたのですが、
それは誤解で ゼンゼン反対でした。

小柄な方で、すっごくフレンドリー、
初対面の私にも 非常に気さくな感じで 
エラぶらないというか、
内側から コンコンと
湧き上がってくるような
深い温かさを感じる方でした。

そのリサの飾らない笑顔、
同時に 凛とした声や 言葉、表情は
今も 脳裏に 焼きついて
じんじん、じわじわ……と
今も 思い出すたびに
新たなエネルギーをいただいている感じです。
ほんとうに 有難いなあと思い 感謝&感謝です☆


ヒーリングの個人セッションでは、

今 自分の意識が シフトし始め、
なにか 今まで使ったことのないような感覚が 
ひらき始めているような感覚、
不安定な体調や その微細な変化についてお話し、

肉体面では、ここ2年ほどの間に受けた 
2回の大きな手術、出産後のひどい癒着胎盤からの子宮全摘や
上顎の良性腫瘍などについても、お話しました。

心身ともに少々不安定で、でもそれがごくナチュラルで、 
心地よい前向きな感覚でもある ことを伝えると、

今のわたしに 一番必要なこと、
チャクラやエネルギーを整えること
不要な感情のブロックをとりのぞいたり、
強く開きすぎているところを 調整し
バランスをとるような 
エネルギー・フィールドの調整が
メインになるだろうとのことで
1時間弱、目を閉じて 横になり
ヒーリングを受けました。

そのあとで、途中 リサが受け取った
メッセージなども シェアしてくれました。


直観などの
今まで使っていなかったような感覚は 
ひらきはじめているが

いま 特別に 何かをする必要はない。

それよりも いま 行っている
何か クリエイティブなことがあれば
それを もっともっと Practice
実践を重ね 続けていくこと、

なぜなら それは 
これから もっともっと
Evolve 発展、展開、進化していくから――

  
そして リサが「おもしろかったのは……」と
にっこり 付け加えたのは

全身のヒーリングを行っているときに、

だれか Majestic な存在、
王者のような威厳さ、
壮厳な 光り輝く存在が でてきて、
とくに わたしの クラウン・チャクラを
活性化するワークを リサといっしょに行っていた
とのこと。

この男性に 心当たりはある?
と聞かれたので、とっさに
亡くなった前の夫のことをお話したのですが、

でも 言葉に出してから 
ああ、でも 彼は Majestic
という形容詞とは ちょっと 
タイプが違うよなあ……誰だろうか…… 
なんて 思いました。

リサは 
そうかもしれないし、そうでないかもしれない、
でも 名乗らないの(^^) と 優しく 
微笑していたのが 印象的でした。


セッションを受けた直後は
今まで手術したような弱い部分については
そのときは スーッと 温湿布を受けたような感じで、
全身の細胞の1つ1つが 活性化された感じが強くしました。

その晩は、夜になって 額から上のあたりが
ボーッとして 熱っぽいような、とにかくだるい、
早く眠りたいという感じでした。


翌朝は シャキッと目がさめ 
瞑想すると
自分をとりまくエネルギー・フィールドが
なにか とっても安定した感じでした。

最近 とくに この1/26の新月以来 
なんかの感覚が 強く 過度に 
開きっぱなしになりそうなところは 
ほどよく開き、バランスがとれ、
落ち着いた感じがしました。

なかでも、自分の変化で
ひとつ、とりわけ 強く感じたことがありました。


目、目の奥、黒い瞳の部分が
「なにか」変わったような
気がしました。。。


いつも そうじゃないんですが
意識して 入ろうと思った瞬間
その 一種独特の瞳の焦点 みたいなところに
グッと入るみたいな 感覚???

鏡をみて、なんか今までの自分の眼とちがうなーと思いながら、
ああ 鏡の中に映ってる 自分が変わったんじゃなくて、
本体側の自分の眼が変わったんだ、、、
なんて 思いました。

全身的なものでは
前回書いた 放射線上に ぶわ?っと広がっていく
ように 感じられる といっていたものが
軽くクリア、透明になり、力みがとれたような。

何か 頭の奥、耳の奥、
耳のすぐ下のあたりの奥の方が 深くひらいて
そこから 上方の120度ぐらい上に向って
何かが 立ち昇っていく、伸びていく、
繋がっていくような
なにか Grand 壮大な 感じがしています。

と 同時に
それは、自分の中の深海に
深く 深く 降りていくような感じでも
あります。


その日も 新幹線を降りると
白く尾を引く 飛行機雲が
大空を 横切るように 出ていました……☆


MITSUKO




blog ranking 1
★★応援クリック、どうぞ よろしくお願いします……☆
書き続けていく大きな励みになります♪
Blog Ranking ブログランキング




Date : 2009.02.01 Sun 18:01  Lyssa Royal  (リサ・ロイヤル)| コメント(2)|トラックバック(-)
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。